スポンサードリンク

「人生楽ありゃ苦もあるさ〜26人のうつ克服体験記〜」

費用はどれくらいかかる?

 一般的には、矯正治療に必要となるのは、初診・相談料、検査診断料、基本矯正料、そして通院ごとにかかる処置料、矯正後の診察料となります。
 初診、通院に関しては数千円程度、検査診断料は5万〜7万が相場。基本矯正料に関しては、医院によてまちまちで、安いところから高いところまで、数十万円の幅があるようです。
 都内の私立歯科大学病院の基本矯正料が60万〜80万円ぐらい。また、全国一律である国立の大学病院での矯正料金がおおよそ80万円くらいです。これらをひとつの基準に考えるといいでしょう。
 治療費は、初診時におおよその金額を聞いておきましょう。治療費は、歯並びが悪くなるにしたがって値段が上がるというものでもないので、きちんと確認しておくとよいでしょう。
 基本矯正料の支払いに関しては、一括を基本とするところも多いようですが、分割払いや、通院ごとに収めるなど、いろいろあるようです。
 
 代表的な金額のモデルケースをあげましょう。

  初診 : 5千円
  検査 : 5万円
  基本矯正 : 80万円
  2年間に月1回処置:5千円/回×12ケ月×2年=12万円
  トータル(消費税別):約98万円

 単に費用の高い安いところだけでなく、治療後のアフターケアを含め、長い目でしっかりと管理してもらえるかを確認することも大切なことです。
 

 保険について
 基本的に、矯正治療は保険外ですが、アゴを削るなどの外科手術を必要とした場合には、手術費はもちろん、矯正治療も保険でカバーされます。


 医療費控除について
 医療費控除とは、自分自身や家族のために一年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額を所得金額から控除できる制度です。一年間にかかった治療費と総所得金額に応じて所得税が軽減されます。
医療費控除の申請には、領収書が必要となりますので、医院からもらった領収書を保管しておきましょう。

【医療費控除額(課税対象から控除される金額)】
 一年間の医療費−保険金等の受給額−10万円=医療費控除額
                      (上限200万円)

【所得税の還付金額(納付済みの税金の一部が戻る)】
 医療費控除額×税率(10%〜37%)=還付金額
 
【住民税の減額金額(翌年の住民税より減額)】
 医療費控除額×税率(5%〜13%)=減額金額

※詳しくは、最寄の税務署や役所の税金相談課へご相談ください。
posted by 鯉丸 at 08:33 | 矯正治療費用
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。