スポンサードリンク

「人生楽ありゃ苦もあるさ〜26人のうつ克服体験記〜」

矯正は『家』を建てることと同じ作業



1軒の家を想像して下さい。それはどんな土台に建っていますか?しっかりした土台にまっすぐ建っている家なら安心ですが、地盤が柔らかかったり沈下していたりすると家が傾いているかもしれません。
また、その家は築何年?見た目は?南向き、日当たりは?1階と2階のバランスは崩れていないか?家の中はものがあふれてぐちゃぐちゃになっていないか?それとも見た目は立派なのに家の中がからっぽ?

実際に住んでいる家やこれから建てたいと思う家を思い浮かべ、いろいろな問題を総合的にクリアしてこそ、不便のない、理想の家が出来上がるのだということは、容易に想像できます。

そう、歯並びだって同じこと。
アゴという土台がズレていたり、狭い口の中に大きな歯がひしめきあっていては、見た目や機能に支障が出るのは当たり前です。
家を修理するように、問題のある歯並びを治す、それが矯正治療なのです。

矯正治療で重要となる6つのポイントを紹介します。
POINT1「外観」
 その人の正面や横から見た顔つき、全体のシルエットをチェック。
 表情や笑顔に不自然な箇所がないかなどを判断します。

POINT2「左右」
 歯並びや噛み合わせ、上下のアゴの関係を正面から見て問題がないかをチェック。
 左右対称も忘れずに。どちらかが横にずれているとか、横に引っ込んでいるとか、
 左右の関係、横の方向の異常を調べます。

POINT3「上下」
 歯並びや噛み合わせ、上下のアゴの関係を垂直方向からチェック。
 噛み合わせが深いとか、奥歯は噛んでいるのに上下の前歯が噛んでいないとか、
 間延びした馬面顔、逆にくしゃっとした短い顔など、上下関係からの不正を調べます。

POINT4「前後」
 上アゴと下アゴの前後的な位置、上下の歯や噛み合わせの前後的な位置の異常を
 チェック。
 出っ歯や受け口などがあるかどうか判断していきます。

POINT5「素材」
 歯そのものを診断。歯の大きさや数、色や形などがそれ。また、虫歯や治療の有無
 などの歯の歴史もチェック。
 家に見立てると、家具などのインテリアにあたります。

POINT6「アクセス」
 歯槽膿漏や顎関節症で歯やアゴを動かすのに支障がないか、治療に対する熱意は
 あるか、費用は大丈夫か?通院は可能か?など家に置き換えると「立地条件」と
 いったもの。


posted by 鯉丸 at 23:59 | はじめに
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。